書き起こし

【空気階段の踊り場】心霊ロケの話が怖くてかたまりが放送中に泣いてしまった話【書き起こし】

2022/07/25日のTBSラジオ「空気階段の踊り場」で、もぐらさんが心霊ロケでばっちり心霊現象が映ってしまった話をしたら、かたまりさんが泣いてしまった回です(笑)

心霊ロケの話で水川かたまりが泣いてしまった回まとめ

空気階段がテレ東の心霊ロケへ

(もぐら)あの、今年我々は心霊特番に出させていただいたじゃないですか。

(かたまり)そうです。こないだ放送になりましたね。テレビ東京のね。

(もぐら)日本で一番怖い・・・

(かたまり)テレビで心霊ロケに行くの初めてだった

(もぐら)初めてだったね。それで岡山のね。

(かたまり)はい。僕の地元の新見市(にいみし)というね。僕も小学生のころサッカーの遠征で毎年言っていたんですけど、それ以来……20年ぶりぐらいに行って。

(もぐら)で、神社に行かしてもらったんですけどね。その神社が、えー・・・願いがものすごい、何でも叶うという言い伝えがあって。で、何でも叶うということで、なんと藁人形を打ち付けて、いわゆる呪いのほうも叶えてしまうということで有名になっている場所で。 そこにね、我々行かしていただいて・・・で、オンエア見ました…?

(かたまり)私、見ました。

(もぐら)なんと、あの映像。私そのね、藁人形が打ち付けられていた木があったじゃないすか。で、僕の背後にね、その大木があったでしょ。

(かたまり)林みたいなところだったね。

(もぐら)そう。そこに………手がうつってたの。

スポンサーリンク

人が居ない場所に手が映っていた

(かたまり)あれでしょ・・・・(沈黙)

(かたまり)なになになに。

(かたまり)あれでしょ・・・手・・・。

(かたまり)映っちゃいけないものが、映っていたのよ。見た?

(かたまり)見た・・・スタッフさんしょあれ。

(かたまり)違う違う違う。あそこスタッフさんがいる角度じゃないの。

(かたまり)スタッフさんしょ? スタッフさんだと思う。

(かたまり)ちがうちがう。あれスタッフさんがいる角度じゃないの。あそこものすごい急だったから斜面が・・・あれスタッフさんの角度じゃないの。

(かたまり)・・・スタッフさんしょ。

(かたまり)・・・いやいや違う違う違う。俺もスタッフさんだろうなと思った最初は。「わあ、なんだこれ」って。
俺もトモミちゃんが見てて、それで最初教えてもらったの。 僕の奥さんのトモミちゃんが見てて。で「嘘だろ?」と思ってみたんだけど、映ってんのよ。

(かたまり)スタッフさんしょ。

(かたまり)いやいやいや。スタッフさんいないのよ、あそこ。いるはずないトコに映ってんのよ、手が。うん。・・・なんかグーにした手が。グーにしてるってのも怖いじゃん・・・・グーにしてるってことはさあ、何をする時の手ってことよ・・・それは打ち付けているときの手でしょ、グーにしてるっていうのは。

(かたまり)・・・・・・・・涙出てくるからちょっと。

(もぐら)あははははは! 何の涙なんだよ! なんの涙それ? いま泣いてるけど。いや、俺泣かそうと思って、怖い話しないから。・・・泣いてる(笑)

(かたまり)涙が出てくるんだよ・・・・

ラジオ中に泣き出したかたまり

(もぐら)泣いてる・・泣いてるじゃん!!

(かたまり)ティッシュ取ってくれ。

(もぐら)(笑)ちょっと待って待って。ティッシュちょっと・・・涙拭いてよ! いや、怖くて泣いてるの?

(かたまり)スタッフさんしょ。

(もぐら)いやいや、スタッフさんじゃない。

(かたまり)見たよ俺。

(もぐら)見た? 俺の後ろにさ、しかも俺の後ろの、なんか不自然な・・・なんていうか腰あたり?そんなに高い位置じゃないんだよね。

(かたまり)腰!?

(もぐら)腰っていうか背中・・・?

(かたまり)こうあって、このへんでしょ

(もぐら)この辺ってわからないラジオで(笑)俺が立ってて、だから背中から、腰のあたり?

(かたまり)木の横でしょ?

(もぐら)木の横。木の横に手がね、映ってるのよ。握りしめた手が。その、怨念をもった霊が映ってるのよ。霊っていうか、生霊みたいなもんなのかもしれないし。 もしかしたら、昔打ちつけた方が亡くなって、今でもそういう打ち付けてるみたいな・・・ことなのかもしれないけど。そういうのがうつってるのよ。・・・・・・・へっへっへっへ! 泣くな!(笑)なんで泣いてんだよ。泣いてるじゃん!

(かたまり)違うんです。泣いてはないんだけど・・・いきなりなんか、小指とか打ったら涙出るじゃん・・・。

(もぐら)なんで泣いてんだよ(笑)俺泣かそうと思ってないんだよ! 大人に対してさ、泣かそうと思って怖い話する人いないじゃん! お前おじさんだろもう(笑)
なんかさぁ、「うわーー! えー、なんだよそれ気持ちわりぃ!」とか、そういうのを俺期待してるんだよ。 お前いくつになったの? 30歳!(笑) 昨日誕生日でしょ? 31歳になったばっかりじゃないすか。 俺31歳の人に対して「ああーー怖いー」と泣かせようとしてないのよ(笑)

(かたまり)いや「怖いー」の涙じゃないの。

(もぐら)4歳とかさぁ、5歳とかさぁ。

(かたまり)4歳の女子の涙じゃないんですけど。 条件反射的に涙が出てくるんですよ、「うわ、こわ!」ってなったら。

(もぐら)え、そのなに、お化けの話聞くと?

(かたまり)うん。怖かったら・・・・。

(もぐら)でもまじでガッツリ映ってるのよ。

(かたまり)スタッフさんでしょ

スタッフさんだと言い張るかたまり

(もぐら)いや、スタッフさんじゃない。だっていないんだもん。いや、あそこ崖みたいになってたの覚えてないの? 人が立てる位置じゃないからあれ。あの木の後ろね。で、スタッフさんだとしたらどこに立ってんのって、あんな崖のところに。

(かたまり)木の後ろとか・・・・

(もぐら)いや、木の後ろ立つ意味ないじゃん、そんなの。あんな崖の後ろにスタッフさん立ってどうすんのだって。何をするのよ、あそこに立って。

(かたまり)撮る・・・。

(もぐら)何をよ。だって使われてないよ後ろからの絵なんか。 崖だからね!

(かたまり)スタッフさんだよ・・・。

(もぐら)いやスタッフさんじゃないんだって・・・。

(かたまり)いや俺もなったんだよ、見てて。

(もぐら)「やべやべ映ってる!」て思った?

(かたまり)そう。一瞬で、「手!」と思って。で、一回止めて「ああ、スタッフさんだスタッフさんだスタッフさんだ」って思って。

(もぐら)いや、スタッフさんじゃない。あんなところにスタッフさん立ってない。

(かたまり)いや、スタッフさんだよ・・・・。

(もぐら)いや、スタッフさんのじゃないって。だって右手かなんかでしょあれ。握った。

(かたまり)あーわかんない。どっちの手か。

(もぐら)あれ右手ですよね。

(かたまり)藤崎さんも見たんですか?

(もぐら)うん。右手が木の横から出てんの、おかしいじゃん! 右手が木の横から出るって。左手が出てくるんだったらわかるよ、あそこに人がいてさ。

(かたまり)スタッフさんでしょ(小声)

(もぐら)いや、スタッフさんが入れる位置じゃねんだってあそこ。

スポンサーリンク

マネージャーの吉沢さんは見てないことが判明

(かたまり)吉沢さん見ました? ・・・なんで見てねんだよ!

(もぐら)あっはっはっっはっは! ジャーマネ!

(かたまり)ジャーマネが・・!

(もぐら)特番よアレ。

(かたまり)だからそれこそあれだ。有吉の壁の映画で、あなた朝から行ってましたけど、僕は撮影時間がちょっとだったから、よる汐留に集合して。ひとりでロケバスで行くって時に吉沢さんも一緒にいついてきて。でなんか「心霊番組来てますよ!どうですか?」つって。「いや嫌です嫌です」つって。

(もぐら)怖いから。

(かたまり)いや、いいです一回、面白いから。記念だし行って見ましょうよっつって。すごい押して押して、もうしぶしぶ僕「じゃあ・・・」って了承したやつですよ。

(もぐら)怖いの嫌だからね。

(かたまり)うん。見てないのかよ!

(もぐら)アッハッハッハッハ!

(かたまり)ロケも来なかったし、「行くんすか?」って聞いたら「いや、怖いんで行かないです」って(笑)

(もぐら)怖いんで行かない(笑)

楽しいロケだけ来るジャーマネ

(かたまり)次の日の岡山の僕らのBS吉本でやってる楽しいロケだけ来て(笑)

(もぐら)岡山には居たのに・・・・(笑)

(かたまり)それがさ、ガッツリ映っちゃっててさ。だって、普通に考えたらおかしいんだから。その木から右手が出てるっていうのも・・・無理して右手出してることになるし。

(かたまり)だから間違えて右手出しちゃった。だって一瞬なんでしょアレ。

(もぐら)うーん・・・いやでもずっとあったよ結構。それで「うわー映っちゃった」て思って。で、あの時さ俺釘触ろうとしたじゃん、一回。で、霊媒師の先生に「ダメダメダメ!触っちゃダメ!」つって怒られたじゃん。

(かたまり)そりゃ怒られるよ。

(もぐら)だからその、触ろうとしたっていうのもあんのかなって思ったもん俺。その後だからあれ、さわろうとしたあとに映ってんのが。

(かたまり)そうなの?

(もぐら)うん。で「うわーー」と思って、その霊媒師の先生もね、一緒に帯同してくれてたんですけど、全部収録終わった後にね。僕らのことすごい好きでいてくださったみたいで、「空気階段さんのファンなんです」って言ってくださってね。

スポンサーリンク

霊媒師の先生がファンだった

(もぐら)で、「先生ありがとうございます! え、ぼくらのこと何でみてくれたんですか?」っていったら「いやもう素晴らしい演技だったわあなたたち。本当にあった怖い話事故物件芸人!」

(かたまり)(笑)

(もぐら)あれで始めてみたあなたたちを!「あーー!あの事故物件芸人の二人だぁ!」って。

(かたまり)我々がね。以前ださせていただいた番組

(もぐら)撮影時間が超短かった(笑)朝から・・・

(かたまり)8時間くらいで撮って、2週間ぐらいで編集して公開する(笑)

(もぐら)あれをもう霊媒師の先生が八回ぐらい見てるって全部で(笑) 衛星放送で(笑)

(かたまり)うん、衛生放送で毎回見るんですって言ってくれて(笑)

(もぐら)素晴らしいわね、みたいなこと言ってくれて。でももうそういうさ、俺が変なことやろうとしたってことで映っちゃったんだなってことを思ってたの。 それを見たのが三日前ぐらいにTVerで見て。うわーなんかちょっと気持ち悪いなって思っていて。で、そんななかさ、一昨日、奥さんのトモミちゃんの誕生日だったから。

(かたまり)おめでとう。

(もぐら)ありがとう。で、俺北海道いったの北海道。で、北海道に行くときに、羽田空港行ったらさ。角曲がったらさ、誰も載っていない車椅子がビューーンって俺の方に向かってきたの!
で、うわー!やばいやばいこれ出た出た!と思って。誰も乗ってないやつ。でそしたらさ、その50Mぐらい後ろによく見たら、おんなじ誰も載ってない車椅子が・・・走ってきて。で、またその50Mあとに、おんなじ誰も載っていない車椅子が・・・走ってきて・・・普通の歩道を。

あ、いま羽田空港って、全自動の車椅子走ってるんだなって・・・・(笑)

(かたまり)(笑)

(もぐら)もうさ、羽田空港さんややこしいですよ!(笑) めちゃくちゃ怖かった! 俺、自分のうしろに手が映ってたのとか見た後だからさ。だからちょっと、羽田空港さん、夏の間だけでもいいんで、ペッパーくんみたいに顔をつけてくんねえかなって(笑) お前知ってた? あれ全自動の車椅子が走ってるって。

(かたまり)俺もついこないんだ見て知った。

(終わり)

-書き起こし

© 2022 ノマドライフ