お役立ちTips

【裏ワザあり】会社を退職し無職になったときにやるべきことまとめ【知らなきゃ損】

ここでは退職の際にやるべきことをまとめました。知らなきゃ損する点や、注意点やポイント、裏技など役に立つ情報を載せています。

これから退職を考えている人、またすでに退職した人などなどぜひ参考にしてください。

仕事をやめた・退職したときにやるべきことまとめ

えーまずはこちらをご覧ください。退職時にやったほうがいいとことの一覧です。

会社員のための退職ロードマップ

<退職前>
1 ボーナス・退職金・有給の確認

<退職後>
2 住宅確保給付金
3 失業給付金
4 健康保険の軽減申請
5 職業訓練の受講
6 広域求職活動費・移転費

<転職したら>
7 再就職手当

それぞれひとつひとつトライしてみました。できなかった例や裏技やポイントがありますのでご紹介します。 ※退職前の部分は省きます。

住宅確保給付金

これは簡単に言うと「家賃を変わりに支払ってくれる制度」です。地域によって名前は変わります。大変オトクな制度ですね。使わない手はありません。しかし注意点が・・。

注意点:貯金がそこそこある人は利用できない。

はい。この制度は貯金がそこそこある方は利用できません。これはあくまで家を失いかねないぐらいのギリギリの人が利用できる制度とのこと。

条件は地域によって違いますが、僕が条件を見せてもらったところかなり少ない貯金額でないと利用できない印象でした(独身なら50万以下ぐらいですかね)

条件は地域によって異なるので一度市役所に確認してみてください。

ポイント

ちなみに、利用すると家賃は制度先から大家さんに直接支払われます。なので突然、支払い名義が「◯◯市役所」となります。利用の際には大家さんに事前に連絡しておいたほうがよいです。

スポンサーリンク

失業給付金について

もうこれは定番ですね。会社から離職票が届いたらすぐにハローワークに手続きにいきましょう。手続き方法はハローワークに行けば、あれよあれよという間に手続きしてもらえますので心配せずに行ってみてください。

自己都合なら2ヶ月ほどの待機期間、会社都合なら7日間の待機期間ののちに失業給付金が支払われます。

自己都合か会社都合かは離職業の末尾の数字でわかりますのでチェックしてみてください。

ポイント

自己都合でやめたとしても、辞める直近で「残業が多かった人」は「会社都合」になる場合があります。離職票が届いてから確認してみてください。

自己都合を会社都合に変えられる?

ポイント:「業務が続けられない正当な理由があった」と説明をすれば「会社都合」となる場合があります。

例えば、業務が辛くてメンタルが危なかった、身体を壊しそうになった、残業がひどかったなどの理由がある場合、ハローワークの人に相談してみてください。退職理由が「会社都合」となる場合があります。※医師の診断書があれば確実です。

というわけで、自己都合となっていたとしても諦めずに職員の方に相談してみてください。

僕の場合

僕の場合、離職票の記載は自己都合だったのですが、職員の方に「業務が辛くて身体を壊しそうになりお辞めになったということですか?」と聞かれ、「はい、そうです」と答えたらあっさりと会社都合になりました。自分としては3ヶ月待機する気まんまんでしたのでびっくりしました。もしかすると前職が有名なブラック企業だったからかもしれません…

スポンサーリンク

務めていた期間は「通算」なので気をつけて!

務めていた期間が1年未満だと基本的には失業給付金はもらえません。しかし注意点があります。

ポイント:「社会保険番号」を新しい会社に伝えていないと社会保険番号が2つになっていることも。職員の方に確認してください。

勤務期間は「通算」です。直近の勤務が1年未満でも、その前の会社で1年以上働いていればちゃんと失業保険はもらえます。しかし新しい会社に「社会保険番号」を知らせていないと社会保険番号が2つになってしまいます。

社会保険番号が2つになると、その前の会社の勤務日数は無視されてしまいます。これはハローワークの人でもすぐには気づかない場合があります。

なので「社会番号を会社に連絡した記憶がない」という方は職員の方にきちんとご確認ください。社会保険番号はいつでも統一が可能です。

裏ワザ

実際に1年に満たなかった場合でも、ここでもお医者さんに一筆書いてもらえれば給付されます。申請の仕方はハローワークで申請書の紙を一枚もらいます。そこに「業務の続行は無理だった はい いいえ」と書いてありますので、ここに「はい」とお医者さんに丸をして貰えれればOKです。例えば業務が辛くて心療内科に通った経験のある方は、一度お医者さんに相談してみてください。

健康保険の軽減申請

会社を辞めると国民健康保険に切り替えないといけません。この金額が馬鹿になりません。

※続きは随時更新します。

スポンサーリンク

-お役立ちTips